運動不足を解消

運動不足を解消

食生活を見直すことで、これから先の脂肪の増加対策になります。
低カロリーでバランスのいい食生活を継続しているうちに、溜まっていた脂肪がエネルギーに変換されるようになります。
ですが、1日のエネルギー消費量が少なければ、効果的に体重を落としたり脂肪を燃焼することができません。

 

もうすでに溜まっている皮下脂肪や内臓脂肪などを効果的に落とすためには、運動が必要不可欠です。
今、運動不足の人が非常に増えています。
とくにデスクワークの仕事をしている人は、運動不足になりやすいタイプです。

 

人は体温の保持や呼吸など生命活動のためにエネルギーは自然と使います。
おおよそ男性で1,500カロリー、女性で1,200カロリーは使われます。これが基礎代謝です。
「何もしなくてもこれだけカロリーが消費されるなら、簡単に痩せられるじゃない」と思うのは間違っています。
ここに運動による消費カロリーを増やさないと、効率よくダイエットできません。

 

バランスよく食事をとっていると、大体基礎代謝分は必要になるので、運動を取り入れないといつまでも痩せにくいままです。
しかも、年齢を重ねるにつれて基礎代謝も低下するため、痩せにくくなってしまいます。
効果的な運動を取り入れていくことで、気になる脂肪の燃焼につながります。

 

皮下脂肪・内臓脂肪 それぞれに効果的な運動法

 

共通点として、有酸素運動がダイエットや脂肪燃焼に効果的ですが、皮下脂肪を重点にしているか、内臓脂肪を減らしたいかによっても効果的な運動法は変わってきます。

 

皮下脂肪はすぐに溜まる脂肪ではなく、少しずつ増えた脂肪なので減らしにくいという厄介な特質があります。
根気よく運動を続けることが大切です。
無酸素運動と有酸素運動の組み合わせがおすすめの運動法です。

 

腕立て伏せや腹筋、背筋などの筋トレによって基礎代謝を高め、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動で脂肪を燃焼していくことができます。
なかなか皮下脂肪が落ちない方には体幹トレーニングもおすすめです。

 

内臓脂肪は比較的、男性に多い脂肪タイプで、ほんの少しでも運動の習慣をつけることで少しずつ改善していくことができます。
劇的な変化が見られなくても、軽いウォーキングやお散歩程度でも、軽い運動を続けているうちに内臓の脂肪が少しずつ燃焼されます。

 

 

運動不足の方は、まずは軽い運動から!

運動不足を解消

 

「ダイエットのために運動をしよう!」と意気込んで、最初からハードな運動に取り組んでしまうと、どうしても挫折してしまいます。
このような経験がある人も少なくないと思います。
脂肪を減らすためには運動を続けることが大切です。

 

運動の習慣がない人はとくに、はじめからハードな運動はしなくても構いません。
簡単な運動から始めてみてください。
たとえば、2駅分歩く、エスカレーターを使わないなど、日常生活で工夫するだけでも運動することができます。
最初は体を慣らして、余裕が出てきたら本格的な運動を始めてみましょう。